日韓関係・真の懸案

今日は大学でガイダンス。その後、「サークルオリ」。色んなサークルの話を聞かなきゃと思ってたんですが、諸理由により某合唱団の皆さんとばかり話してました。
帰りに渋谷で、国民新党が街頭演説をやってたので、それも聞く。
綿貫さんとか、亀井静香さんとかを見ましたよ。個人的には、亀井久興さんの演説の方がうまいと思いました。
ちなみに、亀井静香さんのお兄さんは亀井郁夫さんだそうです。みんな国民新党です。一つの党の国会議員に亀井さんが3人も。しかも7人中3人。すごい比率。


そんなこんなで、今日は政治的テーマを取り上げたいと思います。
皆さん、日韓関係の懸案ってなんだと思いますか?
竹島
靖国
いやいや。
ここでは、日韓関係の真の懸案を書こうと思います。
それは、
大韓民国による電波侵略問題だったりするのです。


関東地方に在住の皆さん、文化放送(AM1134kHz)って聞こえにくくありませんか?
なんか、わけわかんない言語が混信して聞こえてきませんか?
僕は東京都(個人的には神奈川県編入希望)の町田市に住んでますが、受信状況はかなり悪いです。
別に文化放送の出力が、同じ在京局のTBSラジオニッポン放送の出力より小さいわけではありませんよ。3局とも100キロワットで放送しています。
しかし、韓国KBSの社会教育第1放送とかいうのが、文化放送と同じ1134kHzで放送しやがっているので、それが混信してくるんです。
その出力たるや、500キロワット!
このKBS(京都放送ではない)の混信のせいで、文化放送は聞こえづらいのです。


ここで確認しときたいのですが、日本の文化を振興している放送局といえば文化放送なわけです。確かに、聴取率的には苦戦しているかもしれませんが、「日本の文化」=「A&G」=「アニメ&ゲーム」とみれば、そのトップランナー文化放送なわけです。
といっても、僕はアニメ&ゲーム、ぜんぜん分かんないんですが。
さらに、KBSが韓流ドラマの輸出元の一つであることを考えれば、異常な高出力は日本の輸出産業であるアニメを潰すための陰謀であるとみても考えすぎではないであろう。(はいはい考えすぎです。)
これを韓国によるわが国への電波侵略と言わずしてなんと言おうか。


そんなわけで、私が総理大臣になった暁には、韓国に対して毅然とした態度とやらで臨み、KBS社会教育第1の減力を要求します。