転居のすゝめ

2003年の1月改編は、南関東独立U局界にとって、一つのターニングポイントでした。


東京MXテレビでカルトな人気を誇っていた『テレバイダー』が、突然の終了。
その一方で、増田ジゴロウあかぎあい体制で認知度を高めたTVKテレビ(当時)の『sakusaku』がHTBにネットされたのです(現在はネット終了)。
その後は皆さんご存じの通り(?)、木村カエラを新たに迎えた『sakusaku』が、『新車情報』を超える独立U局界最強の番組、ポスト『水曜どうでしょう』に最も近いローカル局バラエティーとしてブレークしたわけです。


僕は、『テレバイダー』にはギリギリ間に合わず、あかぎあいにはギリギリ間に合った男です。
テレバイダー』は、その後にネットで調べました。出演者の金剛地武志さんを見る機会はなかなかありませんでした。構成の天明晃太郎さんは、『西川貴教のオールナイトニッポン』(LF)のメイン構成作家に就任し、「ラジバイダー」なんてコーナーをやっていましたが、すぐやめてしまいました。


そんなある時、テレビ朝日で『鈴木タイムラー』という番組をやっていることを知りました。なんでも『テレバイダー』のスタッフ再結集だそうで。
でも、土曜深夜というか日曜早朝というかの時間で、やっぱりなかなか見る機会がありませんでした。
さらに、『テレバイダー』スタッフは、『イグザンプラー』という番組をネットで流し始めました。
でも、地上波大好きアナログ人間の僕は、あまり見ませんでした。


どうせなら、テレビ神奈川に来てくれないかなーと妄想すること3年近く…
2005年10月、家に届いたtvkタイムテーブルには、すばらしい情報が載っていました。
鈴木タイムラー』、tvkで放送スタート!!!
テレビ朝日で放送終了した『鈴木タイムラー』が、『THE鈴木タイムラー』として復活し、東京発横浜経由で世界に向けて発信し始めたのです。
http://www.hamakei.com/headline/1103/index.html


全放送チェックしたもんねーーー、受験生のくせに。
バケツリレーでハッスルしたり、干しイモ食べてたそがれたりする金剛地さん、スタジオで叫ぶ津島亜由子さんは圧巻でした。


そんな『THE鈴木タイムラー』は2006年の4月改編で終了してしまいました。しかし、僕は確信していたのです。


They'll be back.


なにしろ、tvk4月のタイムテーブルでは、『THE鈴木タイムラー』のあった金曜午後11時30分〜12時の枠が、これ見よがしに「特別番組」になっていたのです。
さらに、ネット番組『イグザンプラー』は、テレビに移行することを発表。
こりゃtvkに来るしかないべ。
と思ったら、やっぱり…


イグザンプラーは4月28日午後11時30分から装いも新たにテレビ神奈川においてイグザンプラーテレビとして生まれ変わります。
御覧になって頂くには、テレビ神奈川視聴可能地域にご引っ越し頂くか、もしくは様々に模索して頂いたり、斬新かつ確実な方法としてはドワンゴ様のパケラジにて、引き続き生放送する予定ですので、そちらで御覧になって頂くことも可能です。
(『イグザンプラー』4月15日放送分より)


来たねぇ、やっぱり。
そんなわけで、皆様に転居のすゝめ。
テレビ神奈川視聴可能地域にご引っ越し下さいませ。
なお、神奈川県内以外でも、世田谷区くらいまで普通にスピルオーバーするので、そこら辺に住んでる方はUHFアンテナを神奈川県横浜市鶴見区三ツ池公園テレビ神奈川送信所にむけて、ゆっくりtvkをお楽しみ下さい。


あと、この内容に興味を持って最後まで読んでくれた方は当然ご存じのことと思いますが、tvkの金曜午後11時〜11時30分は『どうでしょうリターンズ』です。
異常に濃い1時間。さらに、その後は「ヨフカシ.com」の枠もあるので、金曜夜はtvkから目が離せません!


tvk編成部の方へ
イグザンプラーテレビ』の放送開始決定ありがとうございます。
つづいて『関口さん2』の放送をご検討下されば幸いです。
どうぞよろしくお願い申し上げます。


http://www.colortelevision.net/exampler/blog/index.html


今日は高校のOB組織の会合がありました。
僕と僕の肝臓に休みをください。