マンダ教

マンダ教
っていう宗教があるそうです。


別に、ドンブリ三兄弟を信仰するわけではありませんし、神宮寺大佐と戦うわけでもありません。
イラクやイランなどに少数ながら信者が存在する、グノーシス主義の生き残りなんだそうです。


以前ご紹介した大学の授業「文化複合論」(火曜2限)は、グノーシス主義などの話をするはずなんですが、その前に旧約聖書ユダヤ教についての話をしていまして、今日は「ダニエル書」でした。
これはこれで非常に興味深いのですが、グノーシス主義に対する興味が抑えられない僕は、フライングで図書館からこんな本を借りてきました。


大貫隆・訳著『グノーシスの神話』(岩波書店/1999)


グノーシスの神話

グノーシスの神話


マンダ教はこの本に紹介されていて、『マンダ教祈祷集』なんかが読めます。


ちなみに、著者は「文化複合論」の担当教官その人だったりして。
大貫隆(ウィキペディア)