なぜドイツ語なんぞを?

今朝は少々電車が遅れたために、2限のドイツ語に遅刻しました。
正直もう休みたかったんですが、そんなことをやっていると「不可だよいつもがさぼり杉」になりますからね。


というより、なぜドイツ語なんぞを取ってしまったのでしょうか?
うーん…


一つには、北杜夫・著『どくとるマンボウ青春記』の影響があるんじゃないかなと思ってみました。


どくとるマンボウ青春記 (新潮文庫)

どくとるマンボウ青春記 (新潮文庫)


アウフヘーベン