ブタペスト

録画しておいた『パペットマペットのサイエンスでしょ!?』10月8日放送分を、いまさら見ました。
テーマは地下鉄。


地下鉄が最初に走ったのはロンドンですが、これは蒸気機関車
電気式の地下鉄は、ハンガリーの首都・ブタペストが最初なんだそうです。
これ、結構意外ですよね。


ハンガリーといえば、合唱曲…なのは僕だけですね。
http://d.hatena.ne.jp/nise-jukensei/20060510


今日は、むしろブタペストについて少しだけ。


さっきから「ブタペスト」と表記していますが、「ブダペスト」または「ブダペシュト」のほうが正しいみたいです。
でも、今日は「ブタペスト」のままで行かせてもらいます。
『サイエンスでしょ!?』でも「ブタペスト」と紹介されていましたが、そんなことはともかく、僕にとって「ブタペスト」という表記に因縁があるからこそ、さっきからこう書いているのです。


子供の頃、それもまだ小さい頃、僕は「むかし、ヨーロッパでペストという病気が流行った」ことを知っている、ちょっと変な子でした。
そんな僕に、親はこういう知識を与えてくれました。


「ブタペストって街は、むかしそこで豚のペストが流行ったから、こういう名前がついたんだよ」


…ええ、信じましたとも。
ペストとか無意味に知っていようが、やっぱ小さい子供ですよ。
親が言ってることは疑わないもんです。


「“豚”って日本語じゃん!」


…なんて思いもしませんでしたよ。


僕は、けっこう長い間「ブタペスト=豚ペスト」説を信じていて、地図に「ブタペスト」ではなく「ブダペスト」と表記されているのを見て、「おかしいなぁ」と思った記憶さえあります。
ところが、以前このことを親に質してみたところ、親のほうはこうやって僕を騙していたことを覚えていなかったのです。


オトナって無責任ですよね…。