オトナって、なんだろう?

あと半年強でオトナになってしまうわけですが、果たして自分は高校時代から進歩があるのか心配な今日この頃です。


思えば、これまで自分の人生はずっと、子供からオトナへの成長の一過程としてあったわけですね。だからずっと自分は遅れをとっていると絶望してみたり、あいつは遅れをとっているとさげすんでみたりしてきたのですが、そういう子供な悩みもあと半年強で…


なくなるわけないな。


うちの大学の文化人類学者が「今の日本で『自分はオトナになった』と感じるのは30から40になってから」と言ってました。
この説が正しい場合、僕はあと10から20年は悟れないわけで、もはやさっさと出家したくなってきます。


まあ、ぐだぐだ考えていても解決しそうにないです、この問題。というか、問題は解決されるのではなく、成長に伴ってどうでもよくなり、解消されるもんなんだなあと実感しているので、考えるのをやめます。
そして、「そういやテレビ朝日のキャッチコピーに、『オトナってなんだろう?』ってのがあったなー」と、どうでもいいことを呟いて終わることにします。