テラシュールwwwwww

世の中シュールなことが多すぎるので、アンドレ・ブルトン・著/巖谷國士・訳『シュルレアリスム宣言・溶ける魚』(岩波書店岩波文庫>/1992/asin:4003259017)を読んでみました。


「言語とは、シュルレアリスム的に用いられるように人間にあたえられているものだ。」と言われましてもねえ…。


シュルレアリスムの和訳は「超現実主義」なわけです。そこで、最近の「超」の語義の変化から、これを「すっげー現実的」の意に解する人が多く、「それじゃ単なる写実主義じゃん。超シュールwwwwww」と思ってたんですが、ウィキペディアで「シュルレアリスム」を調べると、「超現実とは『現実を超越した非現実』という意味に誤解されがちであるが、実際は『ものすごく過剰なまでに現実』というような意味である。」とあるので、ってことは「すっげー現実的」という解釈でいいってことかい?テラシュールwwwwww