左手に手帖、右手にばんが

自分を誰にとっても正体不明の存在にしておきたいという欲求が抑えられず、部屋の本棚をパッチワーク的にするために、黒田喜夫の言葉を借りれば「見えざる男になるために」、本を買いまくってしまいます。
しかし一方で、そろそろ観念して、たとえば「奇妙を気取り社会に反抗する少女たちのバイブル」(大槻ケンヂ)たる『ドグラ・マグラ』なんかの、ヴィレッジヴァンガードのそういう棚に並んでいる本を一通り押さえるとか、そーいう体系的な読書っちゅうもんをしないと、「おかあさん革命は遠く去りました」なんて言わなきゃならん状態に追い込まれちまう気がしたので、買ってきました夢野久作・著『ドグラ・マグラ』上下巻(角川書店<角川文庫>/1976)
いや、買ってきたはずでした上下巻。


ドグラ・マグラ (上) (角川文庫)

ドグラ・マグラ (上) (角川文庫)

ドグラ・マグラ (上) (角川文庫)

ドグラ・マグラ (上) (角川文庫)


おや?なぜか上巻を2冊買っている…こりゃあ、読む前から精神に異常をきたしてしまったようで…。


下巻を買い足し、読んでみての感想。
いや、別に精神に異常をきたしたりはしないですよ。
十分、冷静に読める。あくびをしながら読めます。
そんなことより、入れ子構造で色んな文章が入りこんでいて、文体がころころ変わるのが興味深いのです。


まあただ僕は不勉強だからそれ以上かっこいい文学的なことは何も言えなくて、相変わらず作中の「アンポンタン・ポカン」のように正体不明の存在なのでした。