『激論!ベイスターズナイト』感想

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


さて、tvk年越し番組『激論!ベイスターズナイト』(09年12月31日23時30分〜25時30分放送)、見ました。
結論から言うと、期待以上に面白かったです。


まず、98年のリーグ優勝時の映像で番組スタート。大魔神!懐かしすぎて泣きました。
それのおかげか、一般の観覧客が集められた本社ビル1階・ヨコハマNEWSハーバーは、冒頭からtvkの公開生放送番組らしからぬ熱気に包まれていました。


メインMCの山崎まさやさん、佐藤亜樹アナ登場!
佐藤さん、今日は一段と色がお黒い!


山崎さんは、スベってるかスベってないかギリギリのラインで奮闘していました。
佐藤さんは、得意のスポーツと騒々しい笑いの世界で輝いていました。好きだ!結婚してくれ!
ついでにいうと、三浦綾子アナは、観覧客のインタビューアーに専念してたため、あまり目立ってませんでした。残念。


ベイスターズの弱さを強調し、自虐的な笑いを取る出演者たち。
ヤケクソ気味の盛り上がりを見せる観覧者。


パネラーの皆さんを見ると、平松正次さんは、卵かけごはんをおいしそうに食べてました。
森永卓郎さんは、さすがキー局にたくさん出演しているだけある安定感を見せましたが、『朝まで生テレビ』出演のために番組の途中でキー局へ行ってしまいました。
360°モンキーズは、テレビ慣れしてない感じだったけど、やはりドミンゴのものまねは大盛り上がりでした。(しかし、なぜ元・日ハムのイースラーをやってくれなかったのか?)
吉井祥博アナは、癒し系でした。


今年もtvkを愛していくことを、ここに宣言します!