オリンピックライン

オリンピックライン


この前「小梅メイン回を下さいませ」と書いたら(http://d.hatena.ne.jp/nise-jukensei/20100118)、おととい確かにもらえたんですが、そんなものを深夜に見ていたらきのう月曜は眠くてブログの更新すらできないでしょう?
はなまる幼稚園のOP曲は別にそんなにリアルじゃねえと言ったら、「それは俺ら全員をディスってるの?」と反発された@きのうの夕飯。汚いなさすが工学部きたない。


というわけで、きのう更新しようと思っていた内容。
夕刊で50円も取ろうとする三大紙はセルアウト。40円の東京新聞はマジでハーコー。おまけに記事は実際にあった内容で英語でいうとノンフィクション。読んで納得価格で満足。
もうここまででも十分に東京新聞の勝ちは圧勝に決まったのだがさらに攻撃は続く。
きのうは休刊日の関係で朝刊がなかったから、夕刊がおそらく2面増量されていてさらにお得さは加速した。


疲れたので普通の文体に戻しますが、そんなわけで2月8日付東京新聞夕刊。
1面では、オリンピックを機に復活したバンクーバー路面電車「オリンピックライン」が紹介されていました。
50年近く前、東京オリンピックのために整備された都市交通といえば、首都高速というイメージがあるのですが、時代は変わったのですね。


こうやって昨年末に続き(http://d.hatena.ne.jp/nise-jukensei/20091222)、「新聞」カテゴリーなのに露骨に路面電車をアッピルする…いやらしい。