武相新聞〜解決編〜

武相新聞


先月の21日にわが町田において市長選と市議選がありまして、いい機会だと思ったのではじめて『武相新聞』(町田タイムズ社発行)を買ってみました。
思えばこのブログで、「(武相新聞が)手に入ったらまた報告します」と書いて(http://d.hatena.ne.jp/nise-jukensei/20070721)から、はや2年半近くが経っております。


発行元に電話して購入方法を問い合わせたところ、代金150円+送料60円=210円分の切手を直接送って請求してくれれば家に郵送すると言われたので、そうしました。
今週水曜日に、選挙結果が掲載された2月27日付第1982号*1が到着。


うーん、家で取ってる新聞に勝手に挟み込まれてくる『町田ジャーナル』がどうにも素人臭い*2のと比べ、題字もレイアウトも文章も普通の新聞っぽいなあ。


気になった記事を1つだけピックアップ。
市長選の投票所別投票率について書かれた部分に、こうありました。

四五%未満は八か所あり、このうち「小山小」「小山市民センター」「小山ヶ丘小」の三投票所は、六十、六十三、六十四位(四十四・四七〜四十三・五七%)と、小山・小山ヶ丘地区の投票率の低さが目立った。

う〜ん、どうしてあのあたり一帯が低いんだろう?なにかあるんだろうか?


…って、ローカルすぎて市民にしか分からない話題でしたね。サーセン

*1:週刊・毎土曜日発行のため、これが選挙後最初の号。

*2:それがそれでまた味なんですがね。