『黒船☆ジャパン』、『あに☆ぶん』感想

あに☆ぶん


きょうは放送大学の「入学者のつどい」に出席してきました。学生証ももらえたよ!


それはともかく、きのう勢いで「『黒船☆ジャパン』、『走る男F』の新番組2本立て」なんて大嘘つきましたが、『走る男F』初回は来週4月10日でございました。訂正してお詫びいたします。


では、その『TKOの黒船☆ジャパン』(tvk土曜22時〜22時30分)の感想から。
なかなか見られる番組です。
キー局っぽいノリだなあと思ったら、制作会社がカルチャーSHOwQイーストなのでした。
もっとも、TKOの木下さんが安げなカツラをかぶって外国人キャラを演じていたのは、U局っぽかったですかね。


続いて、その後に放送された『AG学園 あに☆ぶん』(tvk土曜24時〜24時30分)感想。
これこそ本当に安い番組でした。
進行役は2人の女学生…の絵です(画像参照)。そこはかとなくやっつけ仕事感が漂ってます。で、それぞれに声優さんが声をあてて、掛け合いで番組を進めていくのですが、その会話がまたなんともチープ。特に片方の語尾「なのさー」がむかつくw


ずっとtvkでやってたアニメTVを打ち切って『あに☆ぶん』にし、一方で『アニメTV』はMXほかで続くのですが、両番組とも制作会社が同じエイアンドジーだし、『アニメTV』の番組ウェブサイト(http://www.anime-tv.co.jp/)では『あに☆ぶん』が「姉妹番組」とあるので、なにゆえ2番組に分割したのかよく分かりません。
スポンサーの事情かなあという気はしますけどね。