キャッキャウフフ世紀末

黒ずみonちゃん


きのう昼食どきの本郷(3年以上の老人のいるところ)に独りでいたら、たまたまビスコさんに会えたので、いまごろ駒場(1、2年の若者のいるところ)ではみんな遠足みたいに芝生で仲良く飯を食っていて「キャッキャウフフ」な感じだよと愚痴を言おうと思ったら、なぜか「キャッハー」と言ってしまって、それじゃ駒場はまるで世紀末みたいです。YouはShock!


それはともかく、舞台の全国公演の関係でデビット伊東さんがお休みだった本日の『あっぱれ!KANAGAWA大行進』(tvkは、レギュラーの三崎幸恵さんとピンチヒッターの佐藤亜樹さんという、おひとりさま女子アナコンビでの放送となりました。
普段から結構仲良しだという2人の雰囲気はまさにキャッキャウフフ…いや、なんかちがうなー。基本、佐藤さんの声とか表情の使い方って、芸人的なんですよね。キャッハー。
今週のロケ地は開成町だったんですが、終盤には横浜に移動し、きょう・あすで行われているtvk秋じゃないけど収穫祭」の紹介をしていました。
ここで、三浦綾子アナも合流。ますますキャッキャウフフ。「収穫祭」のイベント司会で日焼けしたという三浦さんの言葉に、“(色黒の)佐藤が隣にいれば分からない”(by三崎アナ)。キャッハー。


全然関係ないですが、画像は母の使っているonちゃんキーケースです。onちゃんも日焼けして…じゃなくて、汚れて黒ずんできています。
そのうちnoちゃんになっちゃうんじゃないかと心配です。