『いんぷろ・・・。』初回感想

tvkほか7月の新番組『いんぷろ・・・。』http://d.hatena.ne.jp/nise-jukensei/20100617参照)の初回が18日に放送されたので、もちろんチェックしました。


第1回の即興劇の設定は、男1人暮らしの部屋に、猿ぐつわをされた男×1、覆面の男×2、サラリーマン風の男×1というもの。
…うーん…うーん…なかなか話が進展しないよぉ。
30分見ていると疲れますねえ。
即興劇を必ずしもそのまま流さないで、番組の構成をちょっと工夫すると、良くなるんじゃないかと思うんですが、どうでしょう。


個人的には、ニーハオ!小野綾子的夢送信』(QRでやってた「しりとりトーク」のコーナーを思い出しました。
あれも設定だけ決まっている即興ラジオドラマのようなものだったんですが、さらなる縛りとして、セリフとセリフをしりとりで繋げていくというのがありまして、そのせいでかなりぶっ飛んだ展開になることがしばしば。そして、それが面白かったのです。


閑話休題
『いんぷろ・・・。』の今後に期待して参りましょう。