中京独立U2局2日制覇の旅その4(伊勢新聞篇)

伊勢新聞


(その1→http://d.hatena.ne.jp/nise-jukensei/20100901
(その2→http://d.hatena.ne.jp/nise-jukensei/20100902
(その3→http://d.hatena.ne.jp/nise-jukensei/20100903


さて、前回は三重テレビ放送への訪問を終えて津を離れようという所まで書きましたが、きょうは次の町・松阪の話題に進む前に、津で手に入れた伊勢新聞を紹介したいと思います。


1部100円、一面下コラムは「大観小観」、4コマ漫画は『ゴキゲンさん』(あきさとる)
伊勢志摩/東紀州のローカルニュース面に「漁船通信」なんて欄があるのが面白いです。どうも、漁に出ている船が無線で伝えてきた近況報告を載せているっぽい。


この『伊勢新聞』、中3で行った学校の「京都・奈良研究旅行」の時、乗り換え途中の名古屋駅で発見したにも関わらず、ボヤボヤしていたら買い逃してしまった過去がありまして、僕にとって入手は8年越しの悲願でありました。
今回の旅行でも、空き時間にウロチョロした名古屋駅では見つからないし、津駅は到着が午後3時半過ぎで朝刊単独紙の購入には遅いし、どうなることかと思ったんですが、駅売店で普通に買えました。
とにかく8年越しなもんで、“やっと会えたね!”という感動が胸の内にわき起こります。もっとも、新聞にそんな風に呼びかけるのもどうかと思いますが…。


そんなこんなで、『伊勢新聞』については以上。
次回は、松阪市の地域紙『夕刊三重』の話題です。