『グノーシスと古代宇宙論』

以前、グノーシス主義の思想』をこれから読むよー(http://d.hatena.ne.jp/nise-jukensei/20101009参照)と書きましたが、それはとうに終えておりまして、続いてさらに、柴田有・著『グノーシスと古代宇宙論』(勁草書房/1982)を読みました。


グノーシスと古代宇宙論

グノーシスと古代宇宙論


個人的には、タイトル通りグノーシスと古代宇宙論の関係を論じる前半部より、ヘブライズム(ユダヤキリスト教)がヘレニズム的古代宇宙論に接ぎ木されるさまを描いた終盤の方が熱かったです。
ほんとは僕もこういうことやりたいんですけどね…。それには単純計算で人の2倍勉強しなきゃならない(ヘレニズム+ヘブライズム)わけで、なかなか厳しい。そもそも人の1倍だって勉強できているか怪しいですから。
…って、せっかく留年したのにどうしてこうなった!?