2010大晦日

ながらくご無沙汰してしまいました。早くも大晦日ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
さて、僕はと言いますと、なんとか卒論を完成させたのはよかったんですが、その瞬間にまた胃腸を壊しまして、体力的に厳しい年末を迎えております。


ブログを更新しないうちに起こったこととしては、まず12月13日の都青少年健全育成条例改正案の成立がありまして、まあ細かいことは申しませんが、規制という名の内向きな悪意には日本という国の衰退への一里塚しか見出せなくて非常に不愉快です。
これが本会議で可決されたとき、僕はちょうど居眠りしておりまして、ああこのようにして、ローマ共和制は帝政に変わり、ヨーロッパ古代は中世に入っていったのだなあと、なんともやるせない気分になったのですが、次の授業のために研究室に行きますと、そこには中2レベルに強引で、放送禁止レベルにえげつない下ネタで押しまくるアリストファネス喜劇11編の校訂本が整然と並んでおりまして、僕は希望を取り戻すことができたのでした。
最終的に、僕たちは勝つよ。あまり文芸の力を見くびってもらっては困る。


12月25日は農林水産省賞典第133回中山大障害(J・GI)」(中山競馬場・芝4100m)でした。本格的に障害競走を見始めてから最初の大一番ということで、かなり楽しみにしておりまして、そのため“大障害までに卒論を終わらせる”のが直前期の目標でした。(結局終わらなかったんですが…)
結果として、有力馬が続々故障したり、落馬したりで、そういう意味では残念なレースになってしまいましたね。とはいえ、人気薄ながら優勝したバシケーンをはじめ、ハナ差2着のタマモグレアーや、昇級戦で堂々6着のナドレといった次代のスター馬候補が出てきたのは良かったと思います。
しかし、その中山大障害の週をもって、長らく関東独立U局で放送されてきた中央競馬ワイド中継』中央競馬ハイライト』が終了。本当に上品で、良い意味で昭和の香り漂う安心の番組だったので、残念でなりません…。


さて、胃腸不良でロクに食べてないのもあり、そろそろ疲れてきたので、じゃtvkを見る系の仕事が今からあるからこれで…と言いたいところですが、最後にそのtvkの大晦日特番くらいは宣伝しておきましょう。


19時〜20時55分は『2010Billboard TOP100』です。毎年恒例ですね。
22時〜23時55分は『大戦国鍋TVです。今年のヒット番組戦国鍋TVが大晦日特番に登場!
23時55分〜26時は『帰ってきた!激論!ベイスターズナイト』です。去年の年越し特番(http://d.hatena.ne.jp/nise-jukensei/20100101参照)が帰ってきた!出演者は、【MC】山崎まさや平松政次三浦綾子tvkアナウンサー)、【アシスタント】芦崎愛(球団オフィシャルリポーター)、【パネラー】加地隆雄(球団社長)、浅井信雄国際政治学者)、森永卓郎(経済アナリスト)、栗原治久(スタジアムDJ)、岡村麻純(タレント)、山内崇・杉浦双亮(360°モンキーズ)、吉川正洋ダーリンハニー)…だそうです。今回も期待してます。


というわけで、年の瀬もtvkでお楽しみ下さい。良いお年を!