『欽ちゃんのニッポン元気化計画』感想

おかげさまで、院試2次まで全部終わりました。その後にレポートもちゃんと書いたので、これで今学期はおしまい!どうもどうも。


さて、きのうから全国的に雪が降ったりして、どうなることかと思ったんですが、結局は無事に開催されました、障害オープン特別「淀ジャンプステークス」(京都競馬場・芝→ダート3760m)
メンバー的には先週の「春麗ジャンプステークス」と比べちゃうとだいぶ見劣りするのですが、「まあしょうがない」(by長谷川太アナ@『グッチ裕三 日曜うまいぞぉ!』)。前走の京都障害OPを勝ったプライドイズハートが1番人気、昨年末の「中山大障害」(8着)から乗りこんできたトーセンジョーカーが2番人気でした。
結果は、直線で先に抜け出たトーセンジョーカーを、プライドイズハートがゴール直前にクビ差かわしての勝利。
これでプライドイズハートは2連勝です。どちらも京都ですから、コース適性が高いのかな?今後にも期待でしょう。


そして、先日紹介した(http://d.hatena.ne.jp/nise-jukensei/20110129三重テレビ制作の特番『欽ちゃんのニッポン元気化計画』が、きょう予定通り放送されました。
走る男F』テーマソングのワタナベフラワーのメンバーが出るよとは書いておきましたが、エンドロールを見て納得。『走る男』シリーズの「元気な事務所」が「制作協力」としてクレジットされていました。なるほど、そういうつながりか。


あと、山口未翼・三重テレビアナウンサーが、掴み所のないイイ役回りで出演していました。
ただ、これ三重テレビを見られる地域の人はいいけど、我々にとってはどうなのさ。普段のキャラを知らないから、この山口さんのイメージが、なんか怪人じみたものになってしまいましたよ。
申し訳ないっす…。


全体的に、ちゃんと見られるイイ番組だったと思います。
けど、1時間25分はちょっと長かったかな。1時間の特番を定期的にやったりとかが合っていそうです。
もちろん、レギュラーにできれば言うことなしですけどね。