東海ラジオ放送の歌

予告通り水曜更新です。どうもこんばんは。


今週の週刊少年チャンピオンですごいお知らせがあるんじゃなイカという情報が駆け巡っておりますが、その話題は公式発売日のあすにでも書くことにして…。
院試も終わって春休み、めっちゃ勉強できるじゃん!
そんなふうに考えていた時期が俺にもありました
実際のところは、申し訳程度にしか古典語を読まない生活になってしまっています。


じゃあ残りの時間で何をやっているかというと、今さらながら各地の放送局のステーションソングにハマりまして、それを耳コピする簡単なお仕事に従事しております。
RBCソング」(琉球放送)、「みどりの周波数」(RKK熊本放送)、「山口放送唱歌」(KRY)、「南海放送の歌」(RNB)、「手と手とTeNY」(テレビ新潟放送網)…うーん、どれも味わい深い。


もちろん、NRNの東名阪3局、すなわち文化放送東海ラジオ放送、ラジオ大阪大阪放送)のステーションソングは外せません。
しかし、歌詞付きバージョンが使われまくる文化放送QRソング(「QRのうた」)、ラジオ大阪OBCソング」(「ラジオ大阪の歌」)に対し、東海ラジオ放送の歌」(「東海ラジオ放送社歌」)だけはインストゥルメンタル版ばかりなのはなぜなんでしょう?
歌詞付きも聴いてみたい&歌ってみたいのに…。


同じ野坂昭如いずみたくのコンビによる3つの曲ながら、「QRソング」と「OBCソング」が作詞・野坂昭如、作曲・いずみたくなのに対し、「東海ラジオ放送の歌」は歌詞・公募、歌詞監修・野坂昭如、作曲・いずみたくらしいので、そこらへんが関係しているのかもしれませんが、そもそも僕は東海ラジオ(名古屋「空中線電力」50kW)のサービスエリア内に住んでいたこともないし、いつ頃まで歌詞付きが流れていたのかというようなことを含めて、事情がよく分からない。
こんなこと書いて、実はいまも放送で流れているとかだったら恥ずかしいなあ。


とりあえず、東海ラジオの携帯サイトから「社歌」着メロ(これも当然インスト版)をダウンロードしておきました。
♪トップ東海 東海ラジオ