第13回阪神スプリングジャンプ(J・GII)

前回更新で紹介しておいた3月21日の「第13回阪神スプリングジャンプ(J・GII)」(阪神競馬場・芝3900m)の結果を書きます。


前半、ほとんど逃げ一本槍なはずのテイエムトッパズレが後方で抑えていたのでビックリしましたが、襷コースで一気に先頭集団に取り付くと、トップでゴール前の直線に入り、最後のハードル障害を綺麗に飛越。これは、J・GII3競走全制覇行ったか?と思いました。
すると、後ろから1頭、脚色の違う馬が…オープンガーデンだ!内を突いたオープンガーデンが粘るテイエムトッパズレを差しきり、最後は1と1/4馬身突き放しました。
結果、1着オープンガーデン(単勝9番人気)、2着テイエムトッパズレ単勝5番人気)という、オッズだけ見ればやや荒れた決着に。いや、冷静に考えるとどっちも明らかに実力馬なんですが。


オープンガーデンは念願の重賞初勝利です。父・ゴーカイ中山グランドジャンプ(J・GI)」を2勝するなど、障害界に一時代を築いた名ジャンパーで、障害重賞の父子制覇はおそらく史上初。だって、そもそも障害馬はまず種牡馬になれませんからね。
ついでにいうと、テイエムトッパズレテイエムオペラオーの代表産駒だし、4着に入ったヒシカツヒトリタビも、このままヒシミラクルの代表産駒になってくれるのではないかと、にわかに期待が集まっています。前回の中山大障害(J・GI)」を制したバシケーンシルクジャスティスの代表産駒。マイナー種牡馬産駒の活躍が見たければ障害レースですよ!と宣伝しときます。


ヒシカツヒトリタビは7頭落馬という悲惨な未勝利戦で勝ち上がったので、本当の実力はどれくらいのもんなのかと思われていたのですが、前走のオープン特別「淀ジャンプステークス」で3着に入ったと思ったら、今度は重賞で掲示板。オープンでもやれるところを見せたどころか、一気に重賞戦線に名乗りをあげたと見ていいでしょう。
3着は単勝11番人気だったスズカスペンサー。おかげで、3連単がほとんど100万馬券になるところでした。すみません、僕も前回の更新で名前を挙げていません…。でも、09年京都ハイジャンプ(J・GII)」(勝ち馬はテイエムトッパズレ)の2着があったんですね。
5着は「中山大障害」2勝馬キングジョイ。約1年3ヶ月ぶりの復帰ですが、健在ぶりをアピールしました。
その他、障害2戦目がいきなり重賞で大丈夫か?と心配されていたレンディルが、大丈夫だ、問題ないとばかりにちゃんと完走(8着)したのも嬉しかったですな。


…というわけで、以上「阪神スプリングジャンプ」の結果でした。
本当はtvk改編情報等も書きたかったんですが、あすは朝早くから出かけなければならないので、また今度にします。
ではでは!