K太郎さん「卒業」

QR11年12月タイムテーブル


僕はうっかり知らなかったのですが、先週土曜の『日刊スポーツ』にこんなスクープ(?)記事が載っていたんだそうです。

「レコメン」K太郎が3月末で降板へ


文化放送の謎の覆面アナウンサーK太郎が、レギュラー出演する同局の人気長寿番組「レコメン!」(月〜木曜、午後10時)を、3月末で降板することが9日、分かった。関係者によると、番組自体は継続し、後任のパーソナリティーは、お笑いトリオ、オテンキの、のり(32)が務めるという。K太郎は番組がスタートした03年からパーソナリティーを務め、月〜水曜の放送を担当。中高生のリスナーをターゲットにした日替わり企画を中心に人気を得ていた。関係者によると、K太郎は年齢非公表だが、番組とともに、年齢を重ね、中高生を対象に話すには難しくなっているとされる。世代交代を行い、番組にフレッシュさを出すための降板という。


(日刊スポーツ公式サイト「nikkansports.com」http://www.nikkansports.com/より)


「番組とともに、年齢を重ね、中高生を対象に話すには難しくなっているとされる」って…おい!


これをうけて、昨夜の放送では正式にK太郎さんの「卒業」が告知され、「スペシャルウィーク」恒例企画となった「レコメン!アウターゾーン」を中止して、リスナーからのメールを読むなどしていました。
K太郎さん本人も「降板」という表現や「中高生を対象に話すには難しくなっている」という報道内容がご不満のようでした。というか、別に番組始めた当初から中高生むけに話せてないとのこと。
だいたい、32歳が後を継いでも、そんな中高生に近くならないでしょ!


ちなみにニッカンの記事は、ザ・グレート・サスケさんの話題の上だか下だかに載っていたんだそうで、奇しくもマスクマンの元ネタと並ぶ形になりました。
あと、リスナーからのメッセージの中には、「卒業」を新聞記事やそのネット配信で知ったという声のほかに、「佐藤亜美菜ちゃん*1のブログで知った」(http://ameblo.jp/withamina/entry-11103387517.html参照)というのがあったそうで、なんだその情報の広がり方は。


いつかはこの日が来ると分かっていても、なにしろ9年近く同じ声を聴いてきたわけですから、やはり寂しい気持ちがします。
初回からのリスナーとしてあと3ヶ月半、最後まで追いかけていこうと思います。


ついでに。
画像は文化放送の12月タイムテーブルです。
表紙および巻頭特集は関根勤のスポパラ』(土曜18時〜18時30分)でございます。

*1:AKB48チームB。ラジオ日本『AKB48佐藤亜美菜の「この世に小文字はいりません!」』パーソナリティ。もともとK太郎さんのファンだったらしい。