テレ玉12年3月タイムテーブルほか

TVS12年3月タイムテーブル


画像はテレ玉の3月タイムテーブルです。
表紙および巻頭特集は「2012年Jリーグ開幕!!」。そのほか、震災特番の『3.11 東日本大震災 埼玉の今と今後』(3月11日19時30分〜20時)『ふるさとを離れて 双葉町民 埼玉での選択』再放送(同20時〜20時55分)『1.17 3.11 〜“2つの被災地”芽生えた絆〜』(3月10日20時〜20時55分、サンテレビ制作)の紹介などが載っています。


きょうはこのまま最近のU局関連ネタを3つほど。
まず、Billboard TOP40』(tvkがギネス世界記録を申請するという話です。以下の記事をどうぞ。

tvkビルボード トップ40」放送30年の長寿番組、ギネスに挑戦
2012.2.22 22:31


tvkテレビ神奈川横浜市中区)の洋楽番組「ビルボード トップ40」の放送が、昭和58年10月の開始から今年で30年目に入る。洋楽ファンに人気の長寿番組として、同社は来月中にギネス世界記録として申請する。同社は「同一司会者、同一の形での最も長寿な音楽番組という新ジャンルで記録となるはず」と期待している。
この番組は、米国の音楽週刊誌「ビルボード」の最新シングルヒットチャート上位40曲を紹介するほか、番組の司会を務めるビデオジョッキー、中村真理さんが独自に取材したアーティスト情報を交えたコメントで人気となっている。
中村さんは第1回放送から司会を担当。長寿音楽番組であるとともに、同一の司会者が放送開始から担当している番組ということでギネス世界記録の申請を予定している。
同社コンテンツ局長で長年、同番組のプロデューサーを務めてきた山崎哲央(てつお)さんは「現在の番組編集はデジタル処理できるが、当時は紹介する40曲を録音、録画したビデオテープをまず作成し中村さんのナレーションをかぶせる形で録音していた。生放送を行っているようなもので、あとわずかで終了というところでナレーションを間違えると最初から録音をやり直さざるを得なかった」と振り返る。
これまで一時期に放送時間の変更などはあったが、現在は毎週水曜日午後10時〜同55分に放送されており、今年10月10日の放送で30年目に突入、来年1月23日には1500回の節目を迎える。
ところが、昭和58年10月の第1回放送分をはじめ、放送初期の映像が全く残されておらず、ギネス世界記録に申請する際の「証拠」が社内に残っていないことが判明した。
放送開始時は、放送用の業務用録画テープが高価だったため、放送のたびに新たな映像を上書きする形で繰り返し録画していた。コスト面と保存スペースの双方の問題から初期の映像は残っていないという。
tvk番組広報担当の種子島幸さんは「そもそも番組が30年も続くと思っていなかった」と打ち明ける。
今年1月、ギネス申請の証拠として番組内で視聴者に放送開始の頃の古い映像の提供を呼びかけたところ、2月になって横浜市内の男性から第1回の放送を録画した映像提供の申し出があったという。
同社は、当時の新聞のテレビ欄のコピーなどをギネスに提出するほか、第1回放送時の映像が存在することを証拠資料として伝えるという。映像の提供があったことについて、山崎さんは「番組がギネスに挑戦するということを知って協力してくれたことが何よりうれしい」と話している。


MSN産経ニュースhttp://sankei.jp.msn.com/より)


「アーティスト情報を交えたコメント」、あれ速射砲のように喋りますよねw
tvkファンなら、山崎哲央さん、種子島幸さんといったお名前は番組スタッフロールで見まくっているはず。
特に種子島さんは社内で唯一の番組広報担当者だそうですので、ほぼどの番組のスタッフロールにも入っていると思います。


次に、戦国鍋TV』(tvkテレ玉チバテレビサンテレビが4月から復活します。
戦国時代といってもせいぜい100年ちょっとなわけで、ネタ切れが心配されるところですが、番組サイト(http://www.tvk-yokohama.com/sengokunabe-tv/)によれば「登場人物は戦国時代にとどまらず、江戸時代から幕末までを網羅し、場合によっては、戦国時代以前の室町・鎌倉時代のネタも!?」だそうなので、そこは大丈夫ということなんでしょう。
個人的には、大河に便乗して平安末期にまで遡っちゃってほしいんですが。いまだになんだかよくわからない前九年の役とか後三年の役とかを「なんとなく歴史が学べる映像」で学びたいです。


最後に、AKB48関連のアニメ『AKB0048』の放送局が発表されたとかで話題になっているようです。
これが、5いっしょ3ちゃんねるや東名阪ネット6に加盟する独立U8局+HTB、TBC、FTVTVQというネット構成でございまして、MXハブリですし、たぶんtvk幹事で、あとスターチャイルド絡んでますしで、『戦国鍋TV』あたりの流れから来ているんだなあということが分かったりします。
AKB側のファンの情欲とアニメ側のファンの情欲がいがみ合って穏やかじゃないことになりそうな予感がするのですが、そういう時は煩悩を遮断して心静かに放送局萌えを実践するがよろしいよ。