近畿独立U5局制覇の旅その6(テレビ和歌山篇)

WTV本社


K太郎さんのレコメン!火曜最終回。現レギュラー・トミドコロさんだけでなく、前レギュラー・U字工事のお二人も登場して、番組でやらされたことを振り返りましたが…いやあ、これはひどい。トンデモないことをやらされすぎです。
トミドコロさんは(現レギュラーなのに!)いつもと同じ24時前で帰ってしまい、最後はK太郎さん&U字工事という、昨年度までの体制で終わりました。
いよいよ本日、K太郎さん最終回です。


さて、前回の続きです。
和歌山で一度ホテルにチェックインしたあと、荷物を置いてもう一度出発します。向かうは紀陽銀行と、きのくに信用金庫の本店です。
紀陽銀行本店は昔ながらの銀行建築風味、一方のきのくに信用金庫本店は近代的なビルでした。


で、夕飯を食べるところを探さなければならなかったのですが、18時からテレビ和歌山が放送する帯の夕方生ワイド『@あっと!テレわか』をホテルの部屋で見たいので、一度戻ることに。
ここで注意しなければならないのは、和歌山市の中心部は、僕がいた南海和歌山市駅付近というより、かなり離れたJR和歌山駅付近であるらしく、『@あっと!テレわか』を見終わった19時ごろになると、南海和歌山市駅付近で夕飯を食べられる店はほとんどやっていないんじゃないかと想像されることでした。
まあでも、せっかく和歌山まで来たんだからテレビ和歌山の番組を見ない手はないし、これは仕方ない。

というわけで、『@あっと!テレわか』をガッツリ試聴。
いやあ、しっかりした作りの番組だったなあ…と思いつつ、もう一度ホテルを出ると、すでに街は真っ暗。さあどうしよう…?と思いましたが、幸い南海和歌山市駅付近には国道24号が走っていて、この大通り沿いにロードサイド店舗としてステーキガストがあったので、そこで夕飯を食べることができました。クルマ社会ありがたいなあ。


さて、翌朝は南海和歌山市駅バス停から和歌山バスに乗って梶取北バス停へ。そこから歩いてWTVテレビ和歌山に訪問しました。県営住宅(栄谷団地)の隣にあるという、テレビ局としては謎の立地ですが、まあ県との関係でそうなったんでしょう。
テレビ和歌山本社でも台風被害からの復興のための募金を受けつけていると『@あっと!テレわか』あたりで言っているのを聞きましたが、この局は受付に人を置いていなかったので、とりあえずタイムテーブル等を頂いて帰りました。


ふたたび梶取北バス停からバスに乗って、今度はJR和歌山駅に向かいます。しかし、昨夜は僕を救ってくれたクルマ社会が、今度は僕に牙をむくことになります。次回、緊迫の展開?