9月27日Tweet「ただし語学力上の制約があるので…」への自註

Twitterにこもって全然更新してないものだから、どうすっかな〜このブログな〜と思い、世の中にはTweet垂れ流してるだけのブログもあるけど、それはTwilog使ってるからもういいし…とか考えるうちに、とりあえずは補足が必要なTweetに自註を加える場にしようと決めたのでありました。
で、その1回目。



かぎ括弧内の引用はどちらもWikipediaの高津春繁先生の記事にある「逸話」の節で挙げられている文献から。


前者はこれです。

そのうえ、高校の教師をやっていた時、同時に旧制の東京大学の大学院に籍をおいて、指導教官をお願いしたのが高津春繁先生なのだが、この高津先生がまたたいへんな探偵小説ファンで、なにしろ京都へ行くと英語の探偵小説が片道に一冊ずつ要るからねという先生で、ある時大岡昇平が高津宅に現れて、読んでばかりいないであなた自身もお書きなさいと言ったと、半分嬉しそうな、半分迷惑そうな顔をして先生が言われたのを覚えている。


(柳沼重剛・著『語学者の散歩道』研究社出版asin:4327450863/1991、6〜7ページより)

ただWikipediaでは、この文献について(10月1日午前1時現在で)「新版は岩波現代文庫」と書かれているのですが、これには問題があります。というのも、僕も最初は岩波現代文庫版を見たのですが、どうもそれでは削られてしまっているようで、引用した部分が発見できませんでしたから。参照する際には、単行本版を入手しましょう。

語学者の散歩道 (岩波現代文庫)

語学者の散歩道 (岩波現代文庫)


後者の引用。

それに、絶望的におできになる先生方がいらっしゃった。古代ギリシャ語の先生だと思っていた方が三百頁もあるロシア語の本を三日ほどで読みこなして、「ねえ、君、一八六頁の例文おかしいね」とかいわれると、その本を読むだけでも一ヵ月は必死だったが、やっと読み上げてその先生のところへ顔を出すと、「あれねえ、この方がもっと面白いよ」と、別の本を差し出されるのである。


千野栄一・著『外国語上達法』岩波書店岩波新書>/1986、3ページより)

この部分について、Wikipediaでは(10月1日午前1時現在で)「この『先生』が高津春繁である」と断定しているのですが、うーんこの「要出典」という気がします。
まあチート並みの語学力すぎて、他の人でありえないんでしょうけどもね。

外国語上達法 (岩波新書 黄版 329)

外国語上達法 (岩波新書 黄版 329)


ちなみに僕はこのTweetのために確認するまで2つの逸話を混同し、東京−京都間往復でロシア語の本を一冊読んでしまったと誤って覚えておりました。
そこまで絶望的ではなかったということで。いや、語学力絶無の僕にとっては、正しい逸話で十分絶望的なのですが。


「ぼくにはとてもできない」の元ネタはググればすぐ出るので省略。